FC2ブログ
それでも地球は廻ってる…らしい
--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




<××××××厄日××××××: home : テレフォンデートクラブ「tubaki」オープン!>

#
Any Question!
撮影に協力したらなんか見返りはあるんですかね?
逆に、クレームの嵐....ってなことになりませんか?

20061112Sun 18:35|炎のストッパー|<% comment_url+str>[Edit]












ママンにだけ表示を許可する。


trackbackURL
http://xxxtubakixxx.blog72.fc2.com/tb.php/3-4da58235




2006年11月12日(日)
WEBで初披露なので御座いますが、妾(わたくし)には、昔から
妾(わたくし)を調教して下さる、所謂「御主人様」がおりまして。
あ、「主人」と言っても、「夫」とか、「ハズ」ではなくってですね。
まぁ、本当に「御主人様」です。妾(わたくし)、ドMですので。
あれは何時の性交だったか。結構最近の話。
御主人様は、基本的に、妾(わたくし)に対して、殆どオーラルな
攻め方はされません。まぁ基本的に、オーラルでのプレイとなると、
其れは「御奉仕」ですものね。勿論、妾(わたくし)は毎度毎度、
髪の毛を鷲掴みにされて、喉の奥までグイグイ飲み込ませようと
されます。1度、夕飯後のプレイで、余りにも激しくディープスロートを
強要された時、マジゲロしてしまいました。ペニス、ゲロまみれ。(笑)

吐物のお話はちとキツいと思いますので、まぁオマケ程度にして
おきますが(笑)、喉の奥までペニスを咥えると、おぇおぇなりますね。
イコール、涙と鼻水にまみれ、非常にブサイクな顔になってしまって
いると思われます。鏡で見た事ぁないですけど。でも、そんな
涙と鼻水でぐじゅぐじゅになった顔を、優しく指で拭って下さると、
其れだけで妾(わたくし)のヴァギナは、汲めども汲めども枯れない
泉になってしまうのです。なんか、あれですね。DVされて、後で
優しくされると、それでどつかれていた事など帳消しになってしまう、
おバカな妻みたいですね。(笑)
兎に角、ディープスロートは、御主人様と妾(わたくし)の
組み合わせの場合、御約束で御座います。バリエーションと言っても、
せいぜい仁王立ちフェラか、仰向けフェラ(って言うのか?)か、
座位フェラ(これも言うのか?)くらいのモノです。
普通にフェラチオする時もですが、基本的に御主人様は、私に
ペニスを手で掴ませては下さいません。あくまでも、口のみで
咥えなければならないのです。後ろ手に縛られて、仁王立ち、若しくは
座位フェラの場合ですと、たまに御主人様は、御自身でペニスを握り、
ペニスを妾(わたくし)の頬に擦り付けられたり、ペニスで叩いたり、
意地悪をなされます。其れも妾(わたくし)を狂わせるプレイの1つで
ある事を、御主人様は何時も何時も冷静に十分に観察をされて、把握
されていらっしゃるのです。事実、よっぽどの興奮作用が効かないと、
御主人様のペニスは、カチコチになって下さいません。

さて置き、いつもこんなカンジでは御座いますが、最近の、また
妾(わたくし)が思い出すだけでパンティがビショビショになりそな
プレイを公開してみますね。
妾(わたくし)、マイローターっていくつ持っとんか!って位
色んな種類のモノを所有しているので御座いますが、御主人様が
特にお好みでいらっしゃるのが、このタイプ。つか、まさしくコレ。

ダブルローター

長い方はヴァギナへ挿入し、短い方はもう皆様お分かりの通り、
クリトリスを刺激します。そして、長い方のローターを使って、
潮を吹かせるのがお好みな御様子。
そして、最近のプレイでは、相変わらず妾(わたくし)に
ヒィヒィ言わせた後、「じゃぁ、中に入れたまま、立ってごらん。
ギュっと締めて、絶対落としちゃダメだよ」と、もう既にヘロヘロに
なっている妾(わたくし)に命令されたのです。妾(わたくし)も
一生懸命締めて耐えようと努力はするので御座いますが、其の間も
御主人様の巧みな攻めは止まる気配など全く無く、うなじ、背中、
クリトリス、乳首、と、妾(わたくし)の感じるスウィッチを
意地悪く、さも可笑しそうにどんどん刺激なさいました。
其の度、ローターを落としてしまう妾(わたくし)なのですが、
何度目か落としてしまった後、やっと後ろから御主人様の堅く、
大きくなったペニスを挿入して頂けたのです。もう、妾(わたくし)は
秒殺で昇天してしまいました。でも御主人様は、どちらかと言うと、
遅漏気味で御座いますので、御主人様が昇天される迄、妾(わたくし)、
何度辿り着いたモノかもう数えていられませんでした。
最後は、妾(わたくし)のヴァギナに放出して頂き、其の日のプレイは
終了です。嗚呼、思い出すだけでゾクゾクする…。


記事を書きながら、もう妾(わたくし)は既にビショビショです。

次回は、いつ辿り着けるのかしら?早くお逢いしたいわ…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

って、このくらいの記事、書けるように、今、うちのサロンの女性達を
ママン自身が、調教中。(笑)

こんなオチかよ。(´ー`)フッ

スポンサーサイト




<××××××厄日××××××: home : テレフォンデートクラブ「tubaki」オープン!>

#
Any Question!
撮影に協力したらなんか見返りはあるんですかね?
逆に、クレームの嵐....ってなことになりませんか?

20061112Sun 18:35|炎のストッパー|<% comment_url+str>[Edit]












ママンにだけ表示を許可する。


trackbackURL
http://xxxtubakixxx.blog72.fc2.com/tb.php/3-4da58235







| home |




Template*skin to farrow
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。