それでも地球は廻ってる…らしい
--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






2006年11月27日(月)
お電話でお問い合わせの際、よくお客様から「ブログ楽しみに
読んでます。またもっとエロいの書いて下さいね。」と、非常に
嬉しいお言葉を頂く今日この頃。あ~ぁ。ネタはアホ程あるのに。
本当に書く暇がない。・゚・(ノД`)ウァーン でも、何とか暇を見つけて
語らせて頂きますですw

とゆ事で今回は、ちょっとした最近のお話を1つ。
深夜の、とある名古屋中心部のマンションの1室。
複数の男女による、ちょっとした集いが御座いまして。
男性が5人、女性が妾(わたくし)を含め、3人程だったような。
で、何をする集いだったか、ですって?そりゃまぁ大の大人が、
深夜に集ってトランプなんかやったりする訳でもなし。飲み会と
称するのが1番無難なのでしょうけど、いやいや、それだけの事で
わざわざネタにはしませんですよ。あははん。
まぁ、簡単に言えば、乱パー?みたいなモンですかね?

妾(わたくし)は、どちらかと言うと虐めっ子顔なのですが、
その集いで初めて顔を合わせた方々は、やはり見た目だけで
妾(わたくし)をドSだと思われていたらしいのですが、いざ
妖しい雰囲気になってからの妾(わたくし)のドMっぷりに、
というかそのギャップに、感心しながらも非常に愉しまれた様です。
特に何か御奉仕を差し上げた、凌辱して頂けた、という訳でもなく、
どちらかと言うと放置プレィに近いモノがあったのですが、
広いリビングのソファに横たわり、ビスチェとTバック、
ガーターベルトというスタイルの妾(わたくし)は、ある紳士に
アイマスクをかけられ、何も見えない中、それでも複数の男女が
すぐ傍で妾(わたくし)に注目しているのを思い浮かべるだけでも
相当に興奮してしまいましたが、そこで自然と、左手でビスチェの
胸元をあらわにし、触れるか触れないかの力加減で乳首を指で摘み、
右手は当然Tバックの前を既にまさぐっておりました。
誰にも、何もされてもしてもいないというのに、妾(わたくし)の
ヴァギナは、「これでもか!」という程、蜜が溢れ、恥ずかしい音を
たててしまって…。それでも中指の動きは止まらない、止められない。
「見て。見て。こんなにエロくておバカな妾(わたくし)を見て。
そして、貴方達をカチンコチンに勃って欲しいのよ。ビショビショに
濡れて欲しいのよ。」こう心の中で叫びながら、何度到達した事か…。


以上。(あれっ!?)

つか、時間置いて書いてたら飽きてきた。(爆)

次ネタまで、暫しお待ちをw





2006年11月21日(火)
最初に言っとくけど今日はエロモードでないよ。(-_-)

(´д`)ハァ…。サイト製作にもうウンザリ~タなママン。
基本的にHTMLしかいじくれなかったものの、時代的に
そんなんじゃおまんま食っていけないっつー事で、
何だか今は、何屋さん?的に色々やってます。
javaは微妙にわかんないんだけど、Javascriptは結構好き。
ActionScript(Flashだよ)は、大嫌い。まぁ簡単に言えば、
フランス語はイマイチわかんないんだけど、英語は割と好き。
中国語は大嫌い、と言っているよーなモンだ。
(あ、国指定に特に意味はないです。気を悪くさせたら
ごめんなさいね>中国の方々。あは。)
まぁね。言語ですからね。オツム完璧に文系の妾(わたくし)に
とっちゃ、言い換えればこれしか脳がない訳だわさ。(´ー`)フッ

そんな妾(わたくし)を悩ます余計な仕事っつのが、プログラミング
ってやつなのよねん。まぁ結局は此奴も言語なのだけれども。
然し、元来、ガサツに出来ている妾(わたくし)にとって、
たかが「'」が「"」になったとか、「=」が「;」になっただのとかで
ゴキゲンが悪くなってしまうCGIやらPHPやら云々かんぬん、

一体君達は何様だね?

と、腹が立つ。

HTMLくんは、非常にアバウトな奴で、ちっとくらいタグが重なったり
したくらいじゃ、そうそうヘコたれない。いいコだ。うん。

暇な時、ネットサーフィンしながら、人の作ったタグのソース見て、
「きったねぇタグ。"( ´,_ゝ`)プッ"」等と粗探しをしたりなんて
何気に暗かったりする妾(わたくし)だが、今はとてもとても、
そんな暇がない。

あー。リンクも貼らなきゃぁ。登録も増やさなきゃぁ。
もーすぐX'マスかぁ。リニューアルもしなきゃぁ。
ああ、メルフォ、まだ付けてないや。ケータイサイトの方は
やっちゃったのになぁ。ぐでぐでぐでぐで…。

やっぱしね、1つのサイトを立ち上げるのにも、まず軌道に
乗るのにもどんなに最低でも1ヶ月は様子を見なきゃならない。
んで、初めて落ち着いて、妾(わたくし)がこの事務所で
ちょっとでもゴロンと横になれる日が来るとしたら、早くて
あと3ヶ月は掛かるだろうなぁ。そんなモンです。うん。

まぁ、仕事は、自分で見つけるモノだし。やろうと思や、
やる事なんていーっくらでもあるしね。貧乏性の妾(わたくし)は、
きっといつまで経ってもこんな調子なんかもしんないな。(笑)
そしてまだ妾(わたくし)の仕事は果てしなく続くと思われますが、
何ですか。この事務所の静かな事。電話鳴っても、イタ電ばっかし。

もぉ、ママン、怒っちゃうわよ。

ちなみに、このママンの事を1番ビビってんのは、今、すぐソコで
妾(わたくし)の愛読書本「家畜人ヤプー」を読みふけっている、

かれんさん↓

かれんの尻


です。なんでかしらね?毎日モーニングコールしたげる、
優し~いママンなのにん。(笑)





2006年11月14日(火)
徹夜明けです。眠い…。くまだらけだわ。

今日ではなく、昨日の事ですが。
やはり女性が受付をするという点でからか、イタ電が兎に角多い。
まぁそんな事は予測出来ていたので、今更電話口でハァハァやられても
妾(わたくし)は普通に無言でブチっと切ってしまうので、たかが
そんなしょーもない事など別に構わないのだが、そういったイタ電を
掛けてくる人は大概非通知で掛けてくるのが常で、これは業務的にも
色々と支障を来たす為、非通知拒否を余儀なくされる訳なのだが。
然し、設定はしたものの、何故か設定が上手くいかない。
通知窓にも電話番号は表示されるんで、ナンバーディスプレイも
登録済みの筈だし、電話機でも設定出来ているのに、何故未だに
非通知で掛かってくるのだろか。( ゚Д゚)ハテ?( ゚Д゚)ハテ?( ゚Д゚)ハテ?
取り説を読もうにも、本店に置いてあるのか、ここには無く、
ネットで調べても、取り説のPDFは表示されない。
で、結局116番を頼るしか方法はないのだが、これがまた、かなり
待たされる。その内に仕事の電話を受けたりだので、一向に作業も
儘ならない。店+サイト管理だけでも手一杯で時間がいくらあっても
足りない状況の中、こんな初歩的なしょーもない用件で、しかも
中断する度に、また最初から説明するのを5~6回も続いた頃、
挙句の果てには「電話で話してても分らないので、そちらに
お邪魔します。でも、出張費3000円掛かりますから。」だのと
NTT職員がのうのうとのたまった時…。
普段は見掛けに寄らず割と温厚な妾(わたくし)なのだが、ここの所
連日の寝不足、ストレスによったフラストレーションからか、遂に
ブチ切れてしまった。



『アンタねぇ、高っい金払って

契約しといて、そいで分る様に

説明も出来んで、ほんなら見に行くで

出張費払えってどーゆー事!?

アンタみちゃ来んでもええで、

兎に角、非通知拒否の設定の仕方を

分りやすく教えてくれりゃいーんだわ!

てゆか、私!ほんっとに忙しいんだし!

アンタと今こうやって話しとる時間も

はっきり言って惜しいんだわー!』


と、聞かれもしない事までブチ撒ける妾(わたくし)。
あー、相当溜まってるわね。まぁ、色々とね。普段は些細な事と思い、
聞き流して長いものに巻かれてのらりくらりとスルーするのだが、
今回は遂に溢れてしまったらしい。

実質、妾(わたくし)は、結構不満を直接的には言えないタイプで。
良く言えば平和主義。悪く言えば事なかれ主義。面倒な事が嫌い。
例え其れが明らかに筋の曲がっている事でも、明確にする為に其処で
生ずる怒り、不快感等を思うと、まぁいいや、と気にしなかった事に
してしまうのだが、元来、あまり辛抱強いタイプな訳ではなく、
ただ単にものぐさな性から身に付けた処世術なので、実際のキャパ
など、小さい小さい。結局、すぐに溢れてしまう。
其れも年々器も少しは大きくなってきている様に自負はするが、
呑んでいる訳でもないのに、昨日程ブチ切れたのは久々だった。

で、結局。最初の時点で116番に掛けた時に、NTTが調べれば
すぐに解決した事らしいお間抜けでお粗末なオチだが、ただ単に

ナンバーディスプレイに加入にていなかっただけ

の事だったのらしい。使用している電話機が、デジタル回線からの
通知なら、ナンバーディスプレイに加入していなくても、相手番号を
通知する機能が搭載されているモノらしく、妾(わたくし)が、
「番号は表示される時とされない時がある。」と説明したら、NTTが
勝手に加入済みと判断し、そこから話がややこしくなってしまった、と、
修理担当のオジサマが後で丁寧に教えて下さいました。( ´,_ゝ`)ハイハイ

やっとこさっとこ、その件は片付いたと思いきや。今度はTUBAKIの
サーバがダウンしちゃってるし。もう頼むわ状態で。
カスタマーサポートデスクがスカイプのチャットで対応しているので、
問い合わせると、「あと1時間程で復旧すると思います。」と軽く
言ってくれたものの、アクセス解析を見ると、結局、6時間くらい
落ちていたらしい。しかもアクセスの増える18時頃~の6時間。(怒)

何にしても後は復旧するのを待つのみ、という事で、溜まった仕事を
モクモクとこなしてはいたのだが、CGIの設置がどうやっても中々うまく
いってくれず、悪戦苦闘しぃ、クリスマスを控え、クリスマス用の
素材やテンプレををコツコツ作りぃ、pipiMIXの編集に渡す為の
デザイン画像製作しぃの。何窓開いとんじゃって程、様々なアプリを
開きっぱで根詰めていたのが深夜0時近く。ちょうど、お腹が空いたなぁ
と思っていた矢先、友人から電話が入り、30分程ご飯に出掛けようと、
やりかけのデータを保存しようかどうしようか、でもまぁすぐに
戻ってくるし、上書きすんの嫌だし、と思い、放置して出掛ける。
で、30分程して再び事務所に戻ってくると…。点けていたエアコンも
電気も消えている。嫌~~~な(゚∀゚)神のヨカーン!


あああ!社長がレジの〆に来て、

ご丁寧にPCの電源まで落として

帰ってしまったのね~ん。(涙)


そんな訳で、今日徹夜なママン。

没。





2006年11月12日(日)
WEBで初披露なので御座いますが、妾(わたくし)には、昔から
妾(わたくし)を調教して下さる、所謂「御主人様」がおりまして。
あ、「主人」と言っても、「夫」とか、「ハズ」ではなくってですね。
まぁ、本当に「御主人様」です。妾(わたくし)、ドMですので。
あれは何時の性交だったか。結構最近の話。
御主人様は、基本的に、妾(わたくし)に対して、殆どオーラルな
攻め方はされません。まぁ基本的に、オーラルでのプレイとなると、
其れは「御奉仕」ですものね。勿論、妾(わたくし)は毎度毎度、
髪の毛を鷲掴みにされて、喉の奥までグイグイ飲み込ませようと
されます。1度、夕飯後のプレイで、余りにも激しくディープスロートを
強要された時、マジゲロしてしまいました。ペニス、ゲロまみれ。(笑)

吐物のお話はちとキツいと思いますので、まぁオマケ程度にして
おきますが(笑)、喉の奥までペニスを咥えると、おぇおぇなりますね。
イコール、涙と鼻水にまみれ、非常にブサイクな顔になってしまって
いると思われます。鏡で見た事ぁないですけど。でも、そんな
涙と鼻水でぐじゅぐじゅになった顔を、優しく指で拭って下さると、
其れだけで妾(わたくし)のヴァギナは、汲めども汲めども枯れない
泉になってしまうのです。なんか、あれですね。DVされて、後で
優しくされると、それでどつかれていた事など帳消しになってしまう、
おバカな妻みたいですね。(笑)
兎に角、ディープスロートは、御主人様と妾(わたくし)の
組み合わせの場合、御約束で御座います。バリエーションと言っても、
せいぜい仁王立ちフェラか、仰向けフェラ(って言うのか?)か、
座位フェラ(これも言うのか?)くらいのモノです。
普通にフェラチオする時もですが、基本的に御主人様は、私に
ペニスを手で掴ませては下さいません。あくまでも、口のみで
咥えなければならないのです。後ろ手に縛られて、仁王立ち、若しくは
座位フェラの場合ですと、たまに御主人様は、御自身でペニスを握り、
ペニスを妾(わたくし)の頬に擦り付けられたり、ペニスで叩いたり、
意地悪をなされます。其れも妾(わたくし)を狂わせるプレイの1つで
ある事を、御主人様は何時も何時も冷静に十分に観察をされて、把握
されていらっしゃるのです。事実、よっぽどの興奮作用が効かないと、
御主人様のペニスは、カチコチになって下さいません。

さて置き、いつもこんなカンジでは御座いますが、最近の、また
妾(わたくし)が思い出すだけでパンティがビショビショになりそな
プレイを公開してみますね。
妾(わたくし)、マイローターっていくつ持っとんか!って位
色んな種類のモノを所有しているので御座いますが、御主人様が
特にお好みでいらっしゃるのが、このタイプ。つか、まさしくコレ。

ダブルローター

長い方はヴァギナへ挿入し、短い方はもう皆様お分かりの通り、
クリトリスを刺激します。そして、長い方のローターを使って、
潮を吹かせるのがお好みな御様子。
そして、最近のプレイでは、相変わらず妾(わたくし)に
ヒィヒィ言わせた後、「じゃぁ、中に入れたまま、立ってごらん。
ギュっと締めて、絶対落としちゃダメだよ」と、もう既にヘロヘロに
なっている妾(わたくし)に命令されたのです。妾(わたくし)も
一生懸命締めて耐えようと努力はするので御座いますが、其の間も
御主人様の巧みな攻めは止まる気配など全く無く、うなじ、背中、
クリトリス、乳首、と、妾(わたくし)の感じるスウィッチを
意地悪く、さも可笑しそうにどんどん刺激なさいました。
其の度、ローターを落としてしまう妾(わたくし)なのですが、
何度目か落としてしまった後、やっと後ろから御主人様の堅く、
大きくなったペニスを挿入して頂けたのです。もう、妾(わたくし)は
秒殺で昇天してしまいました。でも御主人様は、どちらかと言うと、
遅漏気味で御座いますので、御主人様が昇天される迄、妾(わたくし)、
何度辿り着いたモノかもう数えていられませんでした。
最後は、妾(わたくし)のヴァギナに放出して頂き、其の日のプレイは
終了です。嗚呼、思い出すだけでゾクゾクする…。


記事を書きながら、もう妾(わたくし)は既にビショビショです。

次回は、いつ辿り着けるのかしら?早くお逢いしたいわ…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

って、このくらいの記事、書けるように、今、うちのサロンの女性達を
ママン自身が、調教中。(笑)

こんなオチかよ。(´ー`)フッ







2006年11月07日(火)
すいません、昨日オープンでした。(笑)
妾(←「あたくし」と読みますの)が管理を任されている、
変態の殿方の為のサロンの”テレフォンデートクラブ「tubaki」”。
妾の娘達も、着々といい変態具合に仕上がっておりましてよ。ほほほ。
まぁここでサロン情報ばかり流してもナンですし、オフィシャルでは
見られないような裏情報なんかは、ブログ上で公開してみようかと。

そんな訳で、今回のサイト用の撮影での未公開画像などなど
数点ピックアップしてみましたw

▼若妻エプロン、クッキングれんちゃん▼
クッキング!クッキング!


▼エロエロOL、るりちゃん&ルビーちゃん▼
ほらほら、先輩に任せてちょうだい


▼かれんさんってば!なんか付いてますってば!▼
誰の汁なんだ


如何ですかしら?
ちなみに、かれんさんに付着している液体は、当グループ内の
男子スタッフ「30ansブラザーズ」の誰のモノなのかなんて、妾には
とてもとても言えまっせ~~ん!(笑)









| home |




Template*skin to farrow
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。